img-1

植毛方法についての説明と注意点

植毛は、薄毛を治療するために毛髪を移植する方法です。合成繊維で作られた人工毛や患者本人の毛を用います。


人工毛を使用する植毛方法は、毛髪採取の手間や負担がないというメリットがありますが、植毛部分に拒絶反応が出やすいというデメリットもあります。そのため、現在では患者本人の毛髪を用いる方法がメインになっています。患者本人の毛髪を用いる方法では、頭の横側や後側から毛母細胞の付いた毛髪を採取します。
この部分の毛髪は、男性ホルモンの影響を受けにくいという性質があるので、一度植毛すると男性型脱毛症で抜け落ちてしまうことがないのです。

後頭部や側頭部からの毛髪の採取には、いくつかの方法があります。
例えば、約1センチ幅で10センチ前後の皮膚を毛髪ごと切り取る方法があります。他には、毛髪は一つの毛穴から1本から4本単位で生えているので、その単位で採取していく方法があります。
前者のやり方だと、採取の手間が減りますが、傷跡が残りやすいというデメリットがあります。
後者のやり方だと、採取に手間が掛かりますが大きな傷跡が残らないので、時間が経って採取時の傷が癒えた後は、地肌が見えるほどの短髪にしても傷跡がほとんど分らなくなります。そして、採取した毛髪は薄い部分に植毛していくのですが、人の手で一本一本植毛していくやり方が主流です。


人の毛髪の生え方には個人差があるので、自然な髪の状態を再現するには人の手で行なうことが最適なのです。


植毛施術を行なった後、移植された毛髪が無事定着すれば男性ホルモンの影響で脱毛することなく、長期間に渡って健康に成長し続けます。移植された毛髪が頭皮に定着するには、約2週間ほどの時間を必用とします。

その間は、可能な限り移植した毛髪に刺激を与えないことが重要です。


例えば、洗髪を行なって移植毛に負担を掛けると、定着する前に抜け落ちてしまうことがあるのです。

出来るだけ洗髪は控え、就寝時にも植毛部分に負担が行かないように気を付けなければなりません。



すごく便利な池袋の医療レーザー脱毛の満足に関する情報が閲覧できます。



城本クリニックの口コミの最新情報を紹介します。

全身脱毛のランキングについて調べるなら、こちらをご覧ください。

http://top.tsite.jp/news/beauty/o/32528062/

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1480579799

http://smany.jp/8981

関連リンク

img-2

自毛植毛で髪の毛再生

40代を過ぎた頃から、自分の髪の毛が薄くなってくるのを感じ始める男性は多いです。髪が薄くなってくる理由として、年齢とともにくる細胞の老化と男性ホルモンが大きな原因と考えられています。...

more
img-3

クロロフィルのサプリの摂取で小腸をデトックスできる

食事から得た栄養素が吸収されるのが小腸ですが、象徴は栄養素だけではなく体に有害とされている残留していた農薬や、ダイオキシン、水道水などにも含まれている有害金属などもすべて吸収してしまう性質を持っています。小腸はとても長さのある臓器であり、突起によって出来ている構造から、余計に有害物質が留まり易いものです。...

more